【初心者向け】歌舞伎のチケット取り方を解説【初めてでも安心】

【初心者向け】歌舞伎チケットの取り方【初めてでも安心】

歌舞伎を初めて見ようと思う人にとっては、
チケットをどうやって取ればいいのか悩むところですね。

歌舞伎のチケットの取り方はいろいろありますが、
ここでは初心者の方にもわかりやすい方法を解説します。

 

歌舞伎のチケットの取り方はいろいろ

歌舞伎座正面

歌舞伎を見られる劇場は全国にありますが、
一番わかりやすく初心者にもおすすめの
「歌舞伎座」をメインにチケットの取り方を紹介します。

1、インターネットで手軽に購入する

普段からスマホで買い物もしているという人であれば
松竹のチケット販売サイトからの購入がだんぜんおすすめです!

歌舞伎座以外にも新橋演舞場大阪の松竹座京都の南座名古屋の御園座
チケットも取ることができます。

以下のチケットweb松竹のサイトにアクセスし、
まずは会員登録をしてください。
登録後にログインすることで購入手続きができるようになります。

チケットweb松竹

公演日程時間演目出演する役者などもチェックしながら、
自分にあった公演を見つけて購入してください。

なお、支払い方法はクレジットカード決済のみとなっています。

松竹歌舞伎会に入会することで、
一般販売より早くチケットを購入することができるようになります。
詳しくは以下のページを御覧ください。
松竹歌舞伎会

2、ネットが苦手なら電話で購入するのがおすすめ

インターネットで買い物とかはしたことないから
ちょっと心配という方は電話で購入するのがいいでしょう。
以下の番号に電話して購入手続きをしてください。

<チケットホン松竹>
【ナビダイヤル】0570-000-489
【東京】03-6745-0888
【大阪】06-6530-0333

電話予約の支払い方法は、
現金かクレジットカードになります。

受け取り方法は、
劇場窓口(歌舞伎座、新橋演舞場、サンシャイン劇場、大阪松竹座、南座)か
セブンイレブン、宅配便の3つがあります。
劇場窓口での受け取り期限は予約から7日間
セブンイレブンでの発券期限は予約から4日間となっています。

詳しくは以下のページでご覧になれます。
チケットホン松竹】

車椅子で観劇されたい方には
特別に座席を準備してもらうこともできます。
劇場ごとに対応がちがいますので
ナビダイヤルからお問い合わせください。

3、 劇場窓口で購入する

ネットや電話では当日券の予約はできませんが、
各劇場の窓口で空席があればその場で購入することができます
歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座、京都南座以外にも
松竹の各劇場のチケット売場で販売しています。

土日や休日、初日、千秋楽などは当日券の入手は難しくなりますが、
平日なら当日でも席がとれるかもしれません。

また、【一幕見席(ひとまくみせき)】という
当日劇場でしか購入できない席もあります。

一幕見席については以下を御覧ください。
チケットがなかなか取れないときは一幕見席がオススメ!

4、チケット販売サイトで購入

一般のチケット販売サイトでも
歌舞伎公演を扱っているところがあります。

<チケット販売サイトの一例>

  • チケットぴあ
  • チケットストリート
  • チケット流通センター
  • チケットレンジャー

などがあります。
他にも「メルカリ」や「ヤフオク」などでも
歌舞伎チケットが出品されていることもあります。

希望の公演チケットがなかなか手に入らないときは、
こういうサイトで探してみるといいかもしれません。

転売について
2019年6月から不正転売禁止法が施行され、
チケットを不当に高く転売することが禁止されました。
オークションなどで正規の価格より高い値段で購入すると、
本人確認されて入場を断られる可能性があります。
詳しくは以下のサイトを御覧ください。
【重要】松竹のチケットに関するお知らせとご購入に関するお願い

5、好きな役者さんの後援会に入ってみる

歌舞伎をよく見に行かれる人には、
お気に入りの役者さんができるものです。

その役者さんの後援会に入ることで、
けっこういい席を優先的に確保できるようになります。

入会金や年会費がかかりますが、
好きな役者さんを応援できるので損はないでしょう。

また、松竹株式会社の株主で150株以上保有していれば、
株主優待でチケットを確保することができます。

6、旅行会社のツアーという手もある

旅行会社が歌舞伎観劇ツアーを組むことがあります。
日時が決まっていて、座席の指定もできませんが、
チケットの購入などはすべてやってくれるので安心です。

初めて見る方や遠方から来られる方にとっては、
気楽に観劇できるのでいいかもしれませんね。

<歌舞伎ツアーの一例>

チケットの種類と値段は?

歌舞伎の舞台

チケットの値段は劇場や座席によって様々ですが、
相場としては高くて2万円台、安くて3千円ぐらいになります。

歌舞伎座ではだいたい以下のような料金になります。

  • 一階桟敷席・・・20,000円
  • 一等席・・・・・18,000円
  • 二等席・・・・・14,000円
  • 三階A席・・・・6,000円
  • 三階B席・・・・4,000円

歌舞伎座客席表

初めて見る方にとってオススメの席は、
 三階A席のできるだけ前で向かって右側の席 です。

値段も6千円と比較的安く手に入り、
花道も含めた舞台全体が見渡せます
役者さんとは少し距離がありますが、
オペラグラスがあれば問題ないでしょう。

一階桟敷席はペア席になっており、
テーブルつきでお茶などのサービスもついています。
下手側は花道が目の前に見られるので迫力満点、
ちょっとセレブ感を味わえる席ですが、
値段が高いということと、
他のお客さんからも「見られる」席なので
初心者の方には不向きです。

一等席二等席もそれなりの値段なので、
初めて見るにはちょっと出しづらいところがあります。

三階B席安いのは魅力的ですが、
もっとも舞台から遠くなるし、
花道も見にくくなってしまいます。

※次の項目で説明する一幕見席も舞台から遠すぎるのと、
一幕ではじっくり歌舞伎を味わうには短すぎるので
初心者にはあまりオススメできません。
以上のことを踏まえると、
やはり「 三階A席 前から三列目まで 向かって右側 
の席が、初心者が見るのに最適な席ではないでしょうか。

チケットがなかなか取れないときは一幕見席がオススメ!

一幕見席チケット売り場

できるだけ安く歌舞伎を見たい人や、
ちょっとだけ雰囲気を味わってみたい人、
自分の好きな演目だけ見たい人などには、
一幕見席がオススメです。

通常の歌舞伎公演は昼の部と夜の部に別れており、
それぞれ3〜4幕ぐらいで構成されています。

一幕見席はまさにその「一幕」だけを見ることができる席です。
歌舞伎座では4階が一幕見席となっており、
立ち見も合わせて150席ほどが準備されています。

予約はできないので当日窓口に並んで買わなければなりませんが、
500円〜1000円ぐらいで
歌舞伎が手軽に味わえるところが嬉しいですね。

まとめ

歌舞伎のチケットの取り方を、
歌舞伎座を例に紹介しましたがいかがでしょうか?

インターネット電話劇場窓口チケットサイトなどで購入できるし、
役者さんの後援会松竹歌舞伎会
入会することでいい席を確保しやすくなります。

座席も様々な種類がありますが、
初めて見る方には三階A席をオススメします。

自分にあったチケットの取り方や、
観やすい座席をしっかり押さえておいて、
何度も劇場に足を運びながら、
本当の歌舞伎ファンになってくださいね。

最初のコメントをしよう

必須