歌舞伎「外郎売」のあらすじを分かりやすく解説!有名な口上の長台詞も紹介

歌舞伎「外郎売」のあらすじを分かりやすく解説!有名な口上の長台詞も紹介

スポンサーリンク

※新型コロナウイルス拡大の影響と政府の緊急事態宣言を受けて令和二年5,6,7月の歌舞伎座・市川團十郎白猿襲名披露公演は延期になりました。詳しくはコチラを御覧ください。

外郎売ういろううりとは、歌舞伎十八番の有名な演目の一つであり、2020年6月、歌舞伎座での市川團十郎白猿襲名披露公演において、同時に八代目市川新之助を襲名する勸玄かんげんくん(市川海老蔵・長男)が、一人で演じることになっています。

その劇中に語られる長台詞は、アナウンサーや声優の発声練習の早口言葉としてもとても有名なのはご存知でしょうか?

ここでは、外郎売長台詞を全文ふりがなつきで紹介し、歌舞伎の演目としてのあらすじ登場人物について、長台詞をどれくらいの時間で読めるのかなどを、実際にしゃべっている動画なども交えて紹介します。

発声練習用に長台詞のPDFファイルも準備したので、必要な方はコチラからダウンロードしてご利用ください。

歌舞伎「外郎売」のあらすじを分かりやすく解説

外郎売の舞台は富士の裾野

現在上演されている外郎売の内容は、十二代目市川團十郎がまだ海老蔵を名乗っていた昭和55年5月に、野口達二の脚本で演じたものです。ここでは、そのあらすじを以下に紹介します。

【あらすじ】
富士の裾野で行われる巻狩り(※1)の総奉行に任命された工藤佐衛門祐経くどうさえもんすけつねは、部下の小林朝比奈や小林の妹・舞鶴、梶原景時、梶原景高、茶道珍斎らと、富士山の麓の大磯のくるわで、多くの遊女(大磯の虎、化粧坂少将、喜瀬川、亀菊)を従え、酒宴を始めようとしています。

すると、どこからともなく「小田原名物、ういろうはいらっしゃりませぬか〜」と、早口の台詞で有名な外郎売の声が聞こえてきたので、興味を持った祐経は朝比奈に命じて外郎売を招き寄せます。

やってきた外郎売は、珍斎に名前を聞かれてとっさにごまかします。そして早口の言い立てを聞かせてくれとの願いに答え、外郎売の有名な長台詞の言い立てをよどみなく語って聞かせ、居並ぶ面々を感嘆させます。

外郎の効能を見て、女性を口説くのに使えると考えた珍斎は、ぜひ自分にも飲ませてほしいと申し出ます。外郎売は珍斎に外郎を一粒飲ませて、早口の言い立てを言わせますが、薬がまだ効いてないのでうまく言えません。

外郎売が、早く効き目が出るようにおまじないで「手を打とう」と言うと、その勢いで祐経につかみかかろうとしますが、女郎たちに止められます。

そこに「待て待て弟、早まるな〜」と、曾我十郎祐成そがじゅうろうすけなりが駆けつけます。実は外郎売は十郎の弟・曾我五郎時致そがごろうときむねであり、父親の仇である工藤祐経を討とうと、外郎売に化けて近づいたのでした。

仇討ちに早る五郎を朝比奈がなだめますが、五郎は聞く耳を持たず、兄の十郎とともに祐経にいどみかかります。しかし、多くの部下に守られた祐経には届きません。

敵を目の前にして悔しがる兄弟を見た祐経は、その心意気に打たれて巻狩りの狩場の図面を与え、総奉行の務めを終えたら潔く兄弟に討たれようと約束して幕となります。

(※1)巻狩りとは、兎や鹿、猪などが多くいる狩場を、多くの人で取り囲んで獲物を追い出して弓矢で射る大規模な狩りのことで、軍事演習や威厳を示すことだけでなく、娯楽としての意味もある。ここでの巻狩りは実際に1193年に源頼朝が行った大規模な富士の巻狩りを指す。

外郎売の口上の長台詞をふりがな付きで全文紹介

早口言葉発声練習の教材として有名な外郎売の長台詞を、以下に五節に分けて紹介します。また、外郎売の長台詞(縦書き)PDFはコチラからダウンロードできます。

第一節

拙者親方せっしゃおやかたと申すは、お立会たちあいうちに、御存ごぞんじのお方もござりましょうが、お江戸を発って二十里上方にじゅうりかみがた相州小田原一色町そうしゅうおだわらいっしきまちをお過ぎなされて、青物町あおものちょうを登りへおいでなさるれば、欄干橋虎屋藤衛門らんかんばしとらやとうえもん只今ただいま剃髪致ていはついたして、円斉えんさいと名のりまする。

元朝がんちょうより、大晦日おおつごもりまで、お手に入れまする此の薬は、昔ちんの国の唐人とうじん外郎ういろうという人、わがちょうへ来たり、みかど参内さんだいの折りから、この薬を深くめ置き、もちゆる時は一粒いちりゅうずつ、かんむりのすき間より取り出だす。

よってその名を帝より、透頂香とうちんこうたまわる。即文字すなわちもんじには「いただき、く、におい」と書いて「透頂香とうちんこう」と申す。

只今はこの薬、ことほか世上せじょうひろまり、方々ほうぼう偽看板にせかんばんだし、イヤ、小田原おだわらの、灰俵はいだわらの、さんだわらの、炭俵すみだわらのと、いろいろに申せども、平仮名ひらがなをもって「ういろう」と記せしは、親方円斉おやかたえんさいばかり。

もしやお立会いのうち熱海あたみ塔の沢とうのさわへ、湯治とうじにお出なさるるか、または伊勢御参宮いせごさんぐうの折からは、必ず門違かどちがいいなされまするな。

のぼりならば右のかた、おくだりなれば左側、八方はっぽう八つ棟やつむねおもて三つ棟みつむね玉堂造ぎょくどうづくり。

破風はふには菊にきりとう御紋ごもん御赦免ごしゃめんあって、系図けいず正しき薬でござる。

第二節

イヤ最前さいぜんより家名かめい自慢じまんばかり申しても、ご存知ぞんじない方には、正身しょうしん胡椒こしょう丸呑まるのみ、白河夜船しらかわよふね、さらば一粒食いちりゅうたべかけてその気味合きみあいをお目にかけましょう。

先ずこの薬をかように一粒舌いちりゅうしたの上にのせまして、腹内ふくないおさめまするとイヤどうも言えぬは、しんはいかんがすこやかになりて薫風候くんぷうのどより来たり、口中微涼こうちゅうびりょうしょうずるがごとし。

魚鳥ぎょちょうきのこ麺類めんるいの食い合わせ、その外、万病速効まんびょうそっこうある事神ことかみごとし。

さて、この薬、第一の奇妙きみょうには、舌のまわることが、銭独楽ぜにごまがはだしで逃げる。ひょっと舌がまわり出すと、矢もたてもたまらぬじゃ。

第三節

そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。

アワヤのど、サタラナぜつに、カ歯音しおん、ハマの二つはくちびる軽重けいちょう開合かいごうさわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろお。

一つへぎへぎに へぎほし はじかみ、盆豆ぼんまめ 盆米ぼんごめ ぼんごぼう、摘蓼つみたで 摘豆つみまめ 摘山椒つみさんしょう書写山しょしゃざん社僧正しゃそうじょう粉米こごめ生噛なまがみ粉米こごめ生噛なまがみみ こん粉米こごめ小生噛こなまがみ、繻子しゅす緋繻子ひじゅす繻子しゅす繻珍しゅっちん、親も嘉兵衛かへい 子も嘉兵衛かへい、親かへい子かへい 子かへい親かへい、古栗ふるぐりの木の古切口ふるきりぐち雨合羽あまがっぱ番合羽ばんがっぱか、貴様の脚絆きゃはん皮脚絆かわぎゃはん、我等が脚絆きゃはん皮脚絆かわぎゃはん、しっ皮袴かわばかまのしっぽころびを、三針みはりはりながにちょとうて、ぬうてちょとぶんだせ、河原撫子かわらなでしこ 野石竹のせきちく、のら如来にょらい のら如来にょらい のら如来にょらいのら如来にょらい

一寸先いっすんさきのお小仏こぼとけに おけつまずきゃるな、細溝ほそみぞにどじょにょろり。

京の生鱈なまだら 奈良生学鰹ならなままながつお、 ちょと四五貫目しごかんめ、お茶立ちゃたちょ 茶立ちゃたちょ ちゃっとちょ茶立ちゃたちょ、青竹茶筅あおたけちゃせんでおちゃちゃっとちゃ。

第四節

来るは来るは何が来る、高野こうやの山の おこけら小僧こぞう狸百匹たぬきひゃっぴき 箸百膳はしひゃくぜん 天目百杯てんもくひゃっぱい 棒八百本ぼうはっぴゃっぽん

武具ぶぐ馬具ばぐ・ぶぐ・ばぐ・ぶぐばぐ、合わせて武具ぶぐ馬具ばぐぶぐばぐ、きくくり・きく・くり・三菊栗みきくくり、合わせてきくくり六菊栗むきくくりむぎ・ごみ・むぎ・ごみ・むぎごみ、合わせてむぎ・ごみ・むぎごみ。

あの長押なげし長薙刀ながなぎなたは、長薙刀ながなぎなたぞ。

向こうの胡麻ごまがらは 胡麻ごまがらか、真胡麻まごまがらか、あれこそほんとの真胡麻殻まごまがら

がらぴいがらぴい風車かざぐるま、おきゃがれこぼし おきゃがれ小法師こぼうし、ゆんべもこぼして 又こぼした。

たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ一干いっひだこ、落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食わぬ物は、五徳鉄灸ごとくてっきゅう かな熊童子ぐまどうじに、石熊いしぐま 石持いしもち 虎熊とらぐま とらきす、中にも東寺とうじ羅生門らしょうもんには、茨木童子いばらきどうじがうで栗五合くりごんごうつかんでおしゃる。

頼光らいこう膝元去ひざもとさらず。

第五節

ふな金柑きんかん椎茸しいたけ、さだめて後段ごだんな、そば切り、そうめん、うどんか、愚鈍ぐどん小新発知こしんぼち小棚こだなの、小下こしたの、小桶こおけに、こ味噌みそが、こるぞ、小杓子こじゃくし、こって、こすくって、こよこせ、おっと合点がってんだ、心得こころえたんぼの川崎かわさき神奈川かながわ程ガ谷ほどがや戸塚とつかは、走って行けば、やいとをりむく、三里さんりばかりか、藤沢ふじさわ平塚ひらつか大礒おおいそがしや、小磯こいその宿を七ツ起ななつおきして、早天早々相州小田原そうてんそうそうそうしゅうおだわらとうちんこう、かくれござらぬ貴賎群衆きせんぐんじゅの、花のお江戸の花ういろう、あれあの花を見てお心を、おやわらぎやという。

産子うぶこう子に玉子まで、外郎ういろう御評判ごひょうばん、ご存知ないとは申されまいまいつぶり。

角出つのだせ、棒出ぼうだせ、ぼうぼうまゆに、うすきね・すりばち、 ばちばちくわばらくわばらと、羽目はめはずして今日こんにちでの何れも様いずれもさまに、上げねばならぬ売らねばならぬと、息勢引いきせいひっぱり、東方世界とうほうせかいくすり元締もとじめめ、薬師如来やくしにょらい上覧しょうらんあれと、ホホうやまって、ういろうは、いらっしゃりませぬか。

外郎とは小田原の名物の薬のこと

外郎とは小田原名物の万能薬

外郎とは、今ではお菓子が有名ですが、歌舞伎の芝居では小田原の名物と言われる万能薬のことを言います。現在でも小田原の外郎家が昔ながらの製法を守って作り続けています。

薬箱を担いで頭巾をかぶったユニークな衣装の外郎売が、薬の由来や効能を流暢な長台詞でスラスラと言い立てることで、客の興味を引いて買ってもらうというスタイルが特徴の商いですが、外郎家によると、そのスタイルで売ったことはないとのこと。

二代目市川團十郎が、声が出なくなったときに薬の外郎を飲んだところ声が出るようになりました。そのことに感謝した二代目團十郎が、この薬のことを芝居にしたいと外郎家に懇願し、最初は断っていた外郎家も、ついにそれを許したそうです。

現在の外郎売衣装長台詞は、二代目團十郎が創作したものが今に伝わっています。

外郎売の登場人物

外郎売(ういろううり)の曾我五郎時致

外郎売・曾我五郎時致そがごろうときむね
外郎売りに化けて父親の仇である工藤祐経の命を狙っている若侍。豪快な性格だが血気にはやるところがある。「助六由縁江戸桜」や「矢の根」の主人公も曾我五郎となっている。
工藤佐衛門祐経くどうさえもんすけつね
曾我兄弟の仇敵。源頼朝の命で富士の巻狩りの総奉行を務める。
小林朝比奈
工藤祐経の部下。猿隈と呼ばれるユーモラスな隈取と衣装が特徴的な道化役。曾我兄弟に仇討ちの時を待てと諌める。
舞鶴
小林朝比奈の妹。
茶道珍斎さどうちんさい
女にモテるために外郎を飲んで早口言葉に挑戦するが、うまくしゃべれず恥をかく。
梶原景時かじわらかげとき梶原景高かじわらかげたか
源頼朝の家臣の親子。工藤祐経のもと巻狩りに参加する。正体がバレた五郎を捕らえようとする。
大磯の虎
大磯の廓の傾城けいせい(遊女)。祐経に飛びかかろうとした五郎をなだめる。化粧坂少将、喜瀬川、亀菊も同じ遊女。
曾我十郎祐成そがじゅうろうすけなり
五郎の兄で、ともに仇敵の工藤祐経を狙っている。弟と反対に温和で落ち着いた性格。
貴甘坊きかんぼう
五郎と一緒に外郎を売り歩く子供。同じ格好をしているミニ外郎売。昭和60年(1985年)の十二代目團十郎の襲名披露のときに息子の新之助(当時・現海老蔵)が貴甘坊を演じ、長台詞を語った。令和元年(2019年)には現・海老蔵の息子勸玄くんが演じている。

外郎売は歌舞伎十八番の中でも特殊な演目

歌舞伎の外郎売とは、七代目團十郎によって制定された、市川家のお家芸「歌舞伎十八番」の演目の一つです。荒々しく勇壮な内容の荒事がほとんどの歌舞伎十八番の中では、台詞回しが最大の特徴という異色の作品となっています。

享保3年(1718年)に、台詞回しを得意としていた二代目團十郎が江戸森田座で「若緑勢曾我わかみどりいきおいそが」の中で外郎売を演じたのが最初とされています。

あるとき、二代目團十郎が外郎売を演じていると、客が嫌がらせで先に長台詞を言ってしまうということがありました。しかし、二代目團十郎は慌てることなく、長台詞を逆から言って見せて観客を驚かせたという逸話が残っています。

現在の形は十二代目團十郎のときに復活した作品で、市川家の跡取りが初舞台などでミニ外郎売の貴甘坊を演じるのが通例となっています。

歌舞伎十八番について詳しくは以下のページをご覧ください。

外郎売を早口言葉で何分かかる?

早口言葉として有名な外郎売の長台詞ですが、実際に何分ぐらいで話しているのでしょうか?

早い人は2分台で全文言えるそうですが、実際の歌舞伎の舞台では、十二代目團十郎約6分で、勸玄くんが、上記全文の第三節の「あかさたな〜」から初めて3分20秒くらいかけてしゃべっています。

途中で長唄の語りが入ったり、内容が省略されていたりもするので、全文を普通に話してどのくらいになるのかはわかりませんが、歌舞伎の舞台では早く話すことが目的ではなく、どれだけ流暢に心地よく聞かせるかがポイントです。

小さな子役の貴甘坊が長台詞を言う場面は、聞いているこちらもちゃんと言えるかハラハラしながら見てしまいます。全部言えると思わずホッとしますが、これも外郎売の見どころですね。

外郎売を動画で見てみよう

外郎売の長台詞を聞ける動画を紹介します。字幕入りなので、初めて聞く人にも分かりやすくなっています。発声練習をしたいかたはぜひ参考にしてくださいね。

令和2年(2020年)の歌舞伎座6月公演では八代目市川新之助襲名の公演で勸玄くんによる外郎売が上演されます。人気があるのでチケットを取るのは難しいかもしれませんが、子役で見られる機会は今だけなので、ぜひ一度見ておきたいものですね。

十二代目團十郎外郎売を見たい方にはこちらのDVDがオススメです。

歌舞伎名作撰 歌舞伎十八番の内 暫 歌舞伎十八番の内 外郎売 [DVD]

途中、外郎売役の十二代目團十郎と工藤祐経役の七代目尾上菊五郎の、團菊が並んで劇中口上を述べる場面が見られる貴重な映像となっています。同じく歌舞伎十八番のも収録されています。

まとめ

歌舞伎長台詞の口上で有名な演目・外郎売あらすじふりがな付き全文を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

荒々しい演技が特徴の歌舞伎十八番の中では珍しく、長台詞を流暢に語る台詞回しが見どころになっており、早口言葉発声練習にも使われているほどです。

DVD動画でも長台詞を聞くことはできますが、実際の歌舞伎の舞台で、小さな子役が長台詞を一生懸命話す姿を見ると、思わず頬が緩みます2020年の6月の歌舞伎座公演で見ることができるので、なんとかチケットを手に入れて、ぜひ歌舞伎座に足を運んでみてくださいね

スポンサーリンク